バイク

スズキの250ccフルカウル GSX250RとジクサーSF250を徹底比較【発売日は?】

GSX250R ジクサーSF250比較 サムネイル

先日スズキから発表されたジクサーSF250とジクサー250。
東京モーターショー開催中ということもあり、大きな話題を呼びました。

東京モーターショー2019レポート サムネイル
東京モーターショー2019 レポート【バイク中心】2019年の東京モーターショーは車だけでなく、バイクも様々な新車が発表され、見所の多いショーになりました。2019年の東京モーターショーから、バイクを中心にレポートします。...

そんなジクサーシリーズは3種類が存在しています。
ジクサー250は、250ccのネイキッド・ストリートファイタータイプ。
ジクサーSF250は、250ccのフルカウルタイプ。
ジクサーは、155ccのネイキッド・ストリートファイタータイプです。

ところでジクサーSF250は、同じくフルカウルの250ccであるGSX250Rとキャラクターが被りがちです。
そのため、

「性能はどう違うのか」
「ツーリングに向いているのはどちらか」
「速いのはどっちか」
「細かい見た目はどこが違ってくるのか」

この辺りが気になってくるところ。

今回はそんな方のため、今回はGSX250RとジクサーSF250を比較してみました。

比較結果をまとめてみると、

GSX250Rは、安定性に優れていてツーリング向き
ジクサーSF250は、扱いやすく峠などをガンガン攻める方向き

という感じ。

それでは、なぜそのように言えるのかを探っていきます。

ジクサーSF250は国内未発表のため、インド仕様で比較しています。

GSX250RとジクサーSF250を紹介

今回比較していくGSX250R、ジクサーSF250を紹介します。
まずはGSX250Rから。

GSX250R

スズキのスーパースポーツ・レーサーレプリカのGSXシリーズ。
そのGSXシリーズの現行250ccクラスがGSX250Rです。

エンジン音はこちら。

GSX250Rは2017年から発売されています。

他社の250ccクラスはレースなどを意識しているバイクに仕上がっている中、このGSX250Rは街中やツーリングを楽しむ方向け。
誰でも扱いやすいエンジン性能と、比較的手に入れやすい価格で人気となっているバイクです。

ジクサーSF250

ジクサーSF250は、スズキの250ccクラスのフルカウルバイク。
インドで2019年から発売されています。

エンジン音はこちら。

2020年1月現在はジクサーSF250は日本では未発売。
しかし、先日の東京モーターショーで展示され、日本でも発売が期待されています。

ジクサーSF250最大の特徴は、油冷エンジンを採用していること。

油冷エンジンは高いエンジン性能と軽量性を両立できるエンジン冷却方式です。
油冷エンジンについてはこちらで詳しく解説しています。

空冷と水冷を比較 サムネイル
空冷と水冷を比較 そして油冷とは エンジンの冷却方式を徹底解説空冷とは何か、水冷とは何か。どう違うの?どっちがいいの? このようなバイク初心者の疑問に答えます。...

油冷エンジン採用により、ジクサーSF250は同クラスのネイキッドバイクと同等・さらにはそれ以下の車体重量を実現。
軽量でありながら高い性能を持っているフルカウルバイクに仕上がっています。

ジクサーSF250の「ジクサー」とは、GSXシリーズの海外版のニックネームです。
日本の「ジスペケ」みたいなものです。

性能を比較

それではGSX250RとジクサーSF250、それぞれの性能を比較していきます。

エンジン性能を比較

まずはエンジン周りの性能を比較してみます。

車名 GSX250R ジクサーSF250
エンジン 水冷SOHC 油冷SOHC
気筒 2バルブ 4バルブ
2気筒 単気筒
総排気量 248cm3 249cm3
内径×行程 53.5mm×55.2mm 76.0mm×54.9mm
圧縮比 11.5 ?
変速数 6 6
最高出力 18.0kW[24PS] / 8,000rpm 19.5kW[26.5PS] / 9,000rpm
最大トルク 22.0N・m / 6,500rpm 22.6N・m / 7,500rpm
パワーウェイトレシオ 7.42kg/PS 6.08kg/PS

それぞれに共通している点はSOHCであること。
他社の250ccバイクのエンジンはDOHCを採用しているなか、ジクサーSF250とGSX250RのエンジンはSOHCを採用しています。

DOHCに比べてSOHCは回転数が上がりにくいですが、燃費が優れているという特徴があります。

サーキットや峠でタイムを競うような過激な性能を目指しているのではなく、一般道路や高速道路で扱いやすく乗りやすいバイクにしたいという意思が感じられます。

車体を比較

車体性能を比較していきます。

車名 GSX250R ジクサーSF250
全長 2,085mm 2,010mm
全幅 740mm 740mm
全高 1,110mm 1,035mm
軸距 1,430mm 1,345mm
最低地上高 160mm 165mm
シート高 790mm 800mm
車両重量 178kg 161kg
キャスター角 25゜35′ ?
トレール量 104mm ?
WMTCモード燃費 32.5km/L 39.0km/L
燃料タンク 15L 12L

ツーリング向けのGSX250R

全長が長いので、直進の安定性はGSX250Rの方が優れているでしょう。

さらに、GSX250Rのガソリンタンク容量は15Lです。
15Lは、250ccクラスではかなり大きいサイズ。
長距離ツーリングに向いていると言えます。

軽く扱いやすいジクサーSF250

ジクサーSF250は、GSX250Rと比べて20kg近く軽くなっています。
ジクサーSF250の161kgは、250ccフルカウルバイクでは圧倒的な軽さ。
ネイキッドバイクのような扱いやすさで初心者でも簡単に扱えるでしょう。

外観を比較

バイク外観を比較していきます。

ボディを比較

GSX250R、ジクサーSF250のボディを比較してみます。

GSX250R ボディGSX250R ボディ

Suzuki HPより

ジクサーSF250 ボディジクサーSF250 ボディ

bikewale.comより

どちらもフルカウルということで、見た目は似ています。

ジクサーSF250の方がカウルが鋭く、シャープなイメージを受けます。
特にフロントカウル辺りが顕著。
カタナやVストロームのような雰囲気も感じられます。

フロントまわりを比較

GSX250R、ジクサーSF250のフロントまわりを比較してみます。

ライト

GSX250R フロントGSX250R フロント

Suzuki HPより

ジクサーSF250 フロントジクサーSF250 フロント

bikewale.comより

フロントライトはどちらもLEDライトを採用しています。

GSX250Rは面発光のライト。
昔ながらの角目一灯のような雰囲気も感じられます。
リターンライダーの方や昔からバイクに乗っている方には懐かしいデザインではないでしょうか。

ハンドル周り

GSX250R ハンドルGSX250R ハンドル

Suzuki HPより

ジクサーSF250 ハンドルジクサーSF250 ハンドル

bikewale.comより

GSX250R、ジクサーSF250のどちらもセパレートハンドルを採用。

セパレートハンドルはハンドル位置が低くなるので、よりスポーティな見た目になります。
走行中も姿勢を低く、風を受けにくくなるので、スーパースポーツバイクなどに採用されているハンドルです。

このセパレートハンドルを採用していることでレーシーな見た目になっています。

どちらも乗車姿勢は楽そう

GSX250R、ジクサーSF250はどちらもセパレートハンドルですが、ハンドルの位置は高め。
前傾姿勢はキツくなく、楽な乗車姿勢になりそうです。

メーターまわりを比較

GSX250R メーターGSX250R メーター

Suzuki HPより

suzuki ジクサーSF250 2ジクサーSF250 メーター

最近のバイクはほとんどが液晶デジタルになっています。
アナログメーター方式と違って様々な情報を表示でき、デザインも優れています。

特にGSX250Rは反転液晶を採用しているので端整な見た目です。

GSX250Rの大きなウィンドスクリーン

ウィンドウスクリーンはGSX250Rの方が大きめに見えます。
ウィンドウスクリーンが大きいほど身体に当たる風は少なくなっていきます。

長距離のツーリングをよく楽しむ方にはGSX250Rの方が向いているのかもしれません。

価格を比較

ジクサーSF250は日本円価格が発表されていないので、インド仕様の価格で比較します。

GSX250R ジクサーSF250
538,900円 170,655ルピー

手に入れやすい価格のGSX250R

GSX250Rの新車小売希望価格は538,900円。
乗り出しでも50万円台で新車が買えてしまうお手頃価格です。

ジクサーSF250の値段は‥‥

ジクサーSF250のインドでの価格は170,655ルピー。
そのまま日本円に変換すると、おおよそ26万円。(2020年1月6日現在)

しかし、日本で発売されたら値段は上がる可能性が高いです。
それでも250ccスーパースポーツ・フルカウルバイクでは最安クラスの値段になる可能性はあります。
一体いくらになるのでしょうか。

結局、ジクサーSF250の日本発売はいつ?

先日の東京モーターショーで展示されたジクサーSF250。
展示はされましたが、具体的な発売日は発表されていません。

非常に気になるモデルですが、いつ頃日本で発売されるのでしょうか。
日本発売日を考えてみます。

まず、ジクサーSF250はインドで生産されているバイク。
日本で発売するには日本の規制に対応させるための変更が必要になるので、発売までにはまだしばらく時間がかかるでしょう。

インドで発売されているバイクをそのまま日本で発売することは難しくなっています。
インドと日本では排ガス規制や道路交通法が異なるため、日本側の規制・法律に合わせる必要があります。

ただし、東京モーターショーでスズキの開発者の方からチラッと聞いた話によると、
「2020年春ごろに何かしらの発表があるかも‥‥」
とのこと。

今後の発表に期待です。

まとめ 傾向は似ているけど‥‥

やはり、同じフルカウル・スーパースポーツタイプということでGSX250RとジクサーSF250の傾向はカナリ似ています。

しかし、細かい箇所を見ていくと、違いが見えてきました。
まとめてみると、

「GSX250Rは、安定性に優れていてツーリング向き」
「ジクサーSF250は、扱いやすく峠などをガンガン攻める方向き」

という感じ。

GSX250Rは、長距離を楽に走れるバイクに仕上がっています。
250ccのツーリングバイクを探している方にオススメできます。

ジクサーSF250は、峠やレースなどを走る方向けのバイクです。
さらに、ジクサーSF250最大のポイントでもある油冷。
油冷には高い性能と軽量性という以外にも、メンテナンスが楽で故障しにくいというメリットがあります。
大型バイクを持っている方のサブの1台として、また免許を取得後の初めての1台として使えそうです。

同じように見えても、細かい部分でキャラクター分けがされているGSX250RとジクサーSF250。
新たな250ccスーパースポーツの選択肢として、ジクサーSF250の発売が待たれます。

追記 発売日と価格が発表!!

スズキより発売日と価格の発表がありました。

SSタイプのジクサーSF250は、2020年4月24日481,800円で発売、
ネイキッドタイプのジクサー250は、2020年 6月17日448,800円で発売です。

ABOUT ME
Y
BIME MAGAZINE編集者。過去、ヨーロッパメーカーや国内メーカーのバイクを開発。経験に裏付けられた確かな知識を分かりやすく伝える事を心がけている。身体の左側だけ腰痛や肩こりがあるのが悩み。