バイク

その名はLiveWire ハーレーダビッドソンの電動バイクを考える【Harley Davidson】

ハーレーダビッドソン LiveWire

あのアメリカンバイクで有名なハーレーダビッドソンから電動バイクが発表されました。
その名は「LiveWire」。

海外サイトでは非常に話題となっています。

今回は、ハーレーダビッドソン期待の電動バイク「LiveWire」を読み取っていきたいと思います。

LiveWireを見てみよう

それでは、ハーレーのLiveWireの外観を見てみましょう。

見た目

LiveWire 見た目

パッと見では普通のバイク。
「電動」というイメージにありがちな近未来的・SFチックな雰囲気はなく、大型のネイキッドバイクに見えます

スッキリしています

よく見ると、クランクケースカバーなどといった(ガソリンエンジンの)バイクにあるべきパーツが見当たらなく、どことなく無機質な雰囲気。

さらにマフラーも無いため、特にリアホイール付近がスッキリしている印象を受けます。

LiveWire リア見た目

キャリアをつけると、パニアバッグを装着しやすそうです。

クラッチレバーがない

フロントまわりを見てみると、クラッチレバーがありません

LiveWire フロント見た目

それもそのはず。
電動バイクはモーターで動くため、変速機構がありません。
変速がないからクラッチレバーも不要です。

これを便利と考えるか、寂しいと考えるか。
シフトチェンジ(変速)がバイクの醍醐味と考えている方には、少し違和感を感じるかもしれません。

メーターまわりもスッキリ

メーターまわりは全て液晶パネル。
さらには、タッチ操作が可能
もはや、スマホやタブレット端末です。

LiveWire メーター

タッチパネル対応であるためか、メーターまわりに物理的なスイッチは見当たりません。
コンパクトに収まっています。

ハーレーサウンドは?

LiveWireの走行音はこちら。

走行音は、ハーレーダビッドソンの聞き慣れたエンジン音とは完全に別物
そもそもエンジンが無いので当然でしょうか。

ほぼ機械音しか聞こえません。

ハーレーサウンドかは微妙ですが、これはこれで近未来感があって、私は好きです。

性能

加速はなんと、3秒で100km/hに到達できるほど。

性能全般の数値は以下の通り。

全長 2,135mm
全幅 830mm
全高 1,080mm
シート高 780mm
最低地上高 130mm
キャスター角 24.5°
トレール量 108mm
重量 249kg
タイヤサイズ(前) 120/70 ZR17 58W
タイヤサイズ(後) 180/55 ZR17 73W
変速数 1
バッテリー リチウムイオン, 12.8V, 24Wh, 120A
最大回転数 15000
最高出力 78kW [106PS]
最大走行距離 235km
WMTCモード走行距離 158km
パワーウェイトレシオ 2.35kg/PS

馬力は106馬力を誇り、走行性能は現在のスーパースポーツバイクに引けを取りません。
かなりの数値です。

燃費

一番低燃費(電費)なモードでは、235kmまで走行可能。
実際の走行に近いWMTCモード値では、158kmまで走行できるとのこと。

遠出するには少し不安ですが、近所なら十分な走行距離です。

 

気になる充電について

ガソリンタンクの燃料キャップにあたる部分を開けると、充電コネクター(インレット)が姿を現します。
この充電コネクターからLiveWireを充電します。

LiveWire インレット

日本では使えない?

実はこの充電コネクターの形状は、日本で普及しているEV充電器とは合いません。
そのためLiveWireをこのまま使うには、何らかの変換アダプタになるようなものが必要かも

日本ではLiveWireは発売されるのか。はたまたされないのか‥‥
充電方法にも問題をはらんでいます。

値段は結構します

LiveWireの価格は29,799米ドルです。
日本円だと、だいたい320万円弱
かなり高額です。

そして、外車を日本で販売するには送料などがかかってきます。
日本で発売されるとしたら、さらに高くなってしまうかもしれません。

各国の発売日は‥‥

アメリカとヨーロッパでは8月中。
オーストラリアとニュージーランドは来年の遅い時期に発売。

その他の国(日本や中国など)では、発売日の情報はありません。

実は、アメリカやヨーロッパなどのEVの充電規格は一緒。
ですが、日本や中国では別の充電規格が主流です。
この充電規格が日本での販売を邪魔しているのかもしれません。

まとめ

あのハーレーダビッドソンが出した意欲作、LiveWire。

なにはともあれ、大手バイクメーカーがスポーツバイクを出したことは大きな意義があります
来たるべき未来のため、大きな一歩を踏み出したと言えます。

今後、ヨーロッパや日本のバイクメーカーもなにかしらのスポーツバイクを出してくるでしょう。

これからの時代の移り変わりを感じます。



ABOUT ME
Y
BIME MAGAZINE編集者。過去、ヨーロッパメーカーや国内メーカーのバイクを開発。経験に裏付けられた確かな知識を分かりやすく伝える事を心がけている。身体の左側だけ腰痛や肩こりがあるのが悩み。