バイク

250cc アメリカン オススメバイクランキング【クルーザー】

アメリカン/クルーザーバイクの醍醐味は、その独特の見た目と力強さ、大きさ。
さらに、シート高が低めな車体が多く誰でも足が地面につくため乗りやすく、バイクの楽しみを味わえます。

今ではすっかり見なくなってしまった250ccのアメリカンスタイル。
しかし、中古車市場では未だに大人気。
数多くの250㏄アメリカンバイクが販売されています。

250ccのバイクは車検が無く、バイク本体もそこまで重くないので、初めての1台として最適でしょう。

今回は、中古で販売されているものを中心に、250ccのアメリカンバイクを紹介していきます。

1位 カワサキ エリミネーター250SE

カワサキのエリミネーター250SEです。

他メーカーがハーレーダビッドソンのようなアメリカンバイクの見た目を採用していた中、ドラッグレーサースタイルという見た目であることで有名です。

アメリカンバイクはスピードが出ないバイクが多いですが、このバイクはひと味違います。
なんと、スーパースポーツタイプであるGPX250Rと同じエンジンを搭載。
250ccでアメリカンバイクの見た目ながら、圧倒的な加速・速度性能を発揮します。
おそらく250ccアメリカンの中では、現行のバイクを含めても最速を誇るでしょう。

エンジンの冷却方式も、オールドスタイルな空冷ではなく現代的な水冷方式を採用。
ラジエーターが垢抜けた雰囲気を醸し出しています。

そんな250ccアメリカンとして唯一無二の存在感を放っていたエリミネーター250SEでしたが、惜しまれながらも生産終了。
生産終了から10年以上経っていますが、圧倒的な速度性能とドラッグレーサースタイルが特徴的なこともあり、近年は中古価格が上がっています。

ドラッグレーサースタイルのバイクを探している方、ワイルドな見た目と走行性能を求めている方におすすめ。

2位 ホンダ レブル250

ホンダのレブル250。
こちらは、今回紹介する中で唯一の現行バイクです。

ホンダは長い間、シャドウというアメリカンタイプが有名でしたが、2017年から販売しているアメリカンの名はなんと「レブル」。
20年以上前のアメリカンタイプにも採用していた名前であるため、昔からバイクに乗っている方にとってはノスタルジーを感じるかもしれません。

エンジンは扱いやすい単気筒エンジンを採用。ホンダらしい素直な乗り味となっています。

現行の250ccアメリカンバイクを探している方におすすめ。

3位 ヤマハ ドラッグスター250

ドラッグスターシリーズは、ヤマハのアメリカンタイプ。
そのドラッグスターシリーズで最もコンパクトなのが、このドラッグスター250です。

頑丈さで有名だったビラーゴ250というバイクのエンジンを流用しているため、その耐久性は折り紙付き。
アメリカンらしい空冷Vツインタイプであり、バイクのサイズも大きいため、ワイルドな見た目になっています。

そんなドラッグスター250ですが、2017年に惜しまれながらも生産終了となってしまいました。

しかし長い間250ccのアメリカンバイクとして絶大な人気を誇っていたため、カスタムパーツは豊富。
自分のお気に入りの見た目にカスタマイズできます。

定番のアメリカンタイプを探している方、Vツインのアメリカンに乗りたい方におすすめ。

4位 カワサキ エリミネーター250V

カワサキのエリミネーター250Vです。

1位で紹介したエリミネーター250は直列2気筒エンジンを搭載していましたが、こちらはアメリカンらしいVツインエンジンを搭載しています。
しかし、アメリカンらしからぬ加速は健在。
エリミネーター250に引けをとらないスピードを秘めています。

アメリカンといえばVツイン!だけどスピードを求めている方、オールドな見た目とスーパースポーツ並みのスピードを求める方におすすめ。

5位 スズキ イントルーダーLC250

スズキのアメリカンバイク、イントルーダーLC250です。

こちらもアメリカンの源流を受け継ぐVツインエンジンを採用。

そしてメッキパーツを多く採用し、見た目が豪華に仕上がっています。

近年は中古価格が安くなっており、入手しやすいバイクでしょう。

ちょっと違ったアメリカンを探している方におすすめ。

まとめ

見た目の派手さや特徴的な音から、昔から様々な映画やドラマ・アニメ等で取り上げられることが多いアメリカンバイク。

日本では1990年代から2000年代初頭にかけて一大ブームが生まれ、ビラーゴやスティード、マグナ等の様々なアメリカンバイクが生まれました。
ブーム終息後でもシャドウやドラッグスターといったアメリカンバイクが脈々と受け継がれていましたが、そのシャドウとドラッグスターも近年は生産終了。
アメリカンバイク好き、特に中型免許の方々には物足りない新車ラインナップとなってしまっています。

しかし、中古市場では過去の名車も豊富。
きちんとメンテナンスされているバイクを選べば全く問題なく乗れますし、現行の新車にはない一味も二味も違ったバイクに乗ることができます。
特に250ccを代表とした中型免許クラスは最も売れる排気量でもあるので、各社が様々な特色を持ったバイクを販売していました。

他人とは違ったバイクを求めている方には、アメリカンバイクの中古市場は狙い目かもしれません。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■         【バイクブロス】バイク買取 無料一括査定!! ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■ 比べて売ればお得!? バイクを高く売りたいなら、  複数社に一括査定依頼のバイクブロス◎
ABOUT ME
Y
BIME MAGAZINE編集者。過去、ヨーロッパメーカーや国内メーカーのバイクを開発。経験に裏付けられた確かな知識を分かりやすく伝える事を心がけている。身体の左側だけ腰痛や肩こりがあるのが悩み。