バイク

125cc 原二スポーツタイプ オススメバイクランキング【原付二種】

近年大人気なのが、原付二種のスポーツタイプ。

バイクが初めての初心者でも乗りやすい小さな排気量ながら、ネイキッドタイプやスーパースポーツタイプの見た目で格好良く、運動性もバツグン。
保険料は安いのに、日帰りくらいのツーリングくらいなら難なくこなせるのが人気のポイント。
変速もマニュアルのものが多いため、操作する喜びを失わずコンパクトにバイクを楽しめちゃいます。

バイク自体も小さく、大型バイクを持っている方がサブ用に買ったり、親や家族・恋人に隠れてこっそりと‥‥という乗り方も?

今回は、そんな原付二種から、新車で購入できるスポーツバイクを集めてみました。
これを読めば、今人気のバイクが一目瞭然。
それぞれのバイクのオススメポイントも書いているため、自分に合った1台を見つけられます。

ちなみに、スクータータイプはこちらの記事で紹介。

https://bikemagazine.jp/ranking-bike-125cc-scooter/

こちらもあわせてどうぞ。

それでは原付二種スポーツバイクを紹介していきます。

1位 ホンダ グロム

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

beppun_oysanさん(@beppun_oysan)がシェアした投稿

原付二種スポーツバイク人気の火付け役となったとも言える、ホンダのグロム。

125ccらしい小さな車体は元気よくまとまって、カッコイイながらもどこか可愛らしさも感じられます。
見た目がPOPなため、女性が町中で乗っていたりしても似合います。

大人気のバイクなので、カスタムパーツも豊富。貴方だけのグロムを作れちゃいます。

125ccスポーツバイクの定番が欲しい方におすすめ。

2位 カワサキ Z125 PRO

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cycle Refineryさん(@cyclerefinery)がシェアした投稿

カワサキが販売しているバイクの中で最も排気量が小さいのが、このZ125 PRO。
(競技用で道路を走れないバイクは、もう少し小さい排気量のものもあります)

どこかPOPな雰囲気を漂わせるホンダのグロムに対して、こちらはカワサキらしく力強いイメージを感じます。
燃料タンクもグロムより大きく、よりスポーティな楽しみ方ができるでしょう。

こちらも人気のバイクですので、カスタムに不便することはありません。

コンパクトでワイルドなバイクを探している方におすすめ。

3位 ヤマハ NMAX

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Redzon-07さん(@redzon_07)がシェアした投稿

スクーターながら、バイク本来の走る楽しさを失わないのがヤマハのMAXシリーズ。
NMAXは、そんなMAXシリーズで最も小さい排気量のバイクです。

スクータータイプらしく、シート下にはヘルメットも入るスペースを完備。簡単なツーリングなら手ぶらでこなせちゃいます。

走りはMAXシリーズらしく、快適性とスポーティな走りを両立。

スクーターの快適さとスポーツバイクの走行性能を両立したい方におすすめ。

4位 スズキ GSX-R125

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Suzuki Türkiyeさん(@suzukiturkiye)がシェアした投稿

スズキ伝統のGSXシリーズの名を受け継ぐGSX-R125。

見た目は完全にスーパースポーツです。
重量も軽く、バイクに慣れるための1台としてもぴったり。

ABS(アンチロックブレーキシステム:雨の日などでも安全にブレーキをかけられるシステムのこと)を標準装備し、安全面も考慮されています。
兄弟機種には、ストリートファイタータイプのGSX-S125もラインナップ。
ネイキッドタイプが好きな方なら、こちらもオススメできます。

コンパクトなスーパースポーツバイクを求める方におすすめ。

5位 KTM Duke125

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

flying doggさん(@flyingdogg1)がシェアした投稿

今回唯一の海外メーカーが、このKTM Duke125です。
KTMは最近アジア市場を意識しており、小さめの排気量のバイクも発売されています。

排気量は原付二種ですが、とても125ccとは思えない車体サイズと「俺がKTMだ!!!」と言わんばかりのオレンジカラー。
そして、シャープに仕上がった車体デザイン。
その見た目は街中でもバチバチに冴えることでしょう。

己を主張したい方にオススメの一台です。

まとめ

大きく分けると、ネイキッドタイプとスーパースポーツタイプに分かれました。

昔はオフロードタイプのKSR110やアメリカンタイプのエリミネーター125などがありましたが、残念ながら2019年現在では国内メーカーで125cc以下のオフロードやアメリカンは発売されていません。

今回は新車で購入できるバイクを説明しましたが、オフ車やアメリカン・クルーザーが欲しい場合は中古車を検討するのも良いかもしれません。

練習用としてのサブの1台として買うのも良し。
これ1台で通勤・通学からツーリングまで万能にこなすのも良し。

可能性の大きい125cc原付二種は、きっとあなたのお供になってくれるでしょう。

バイクの乗り換えを考えていますか?
バイクを高く売る方法を解説しています。

https://bikemagazine.jp/how-to-sell-higher/

ABOUT ME
Y
BIME MAGAZINE編集者。過去、ヨーロッパメーカーや国内メーカーのバイクを開発。経験に裏付けられた確かな知識を分かりやすく伝える事を心がけている。身体の左側だけ腰痛や肩こりがあるのが悩み。