バイク

250cc オススメバイクランキング【現行】


「バイクを趣味にしたくて免許を取ったけど、どんなバイクに乗りたいのかイマイチ分からない。」

「昔バイクに乗っていたけど乗らなくなってしまった‥‥。また乗りたいんだけど、今はどんなバイクが人気なんだろう?」

そんな方、いると思います。
今回は日帰りツーリングから数泊程度のキャンプまで耐えられて、中型免許でも乗れる250ccの中から、人気のバイクをランキング形式で発表していきます。

ちなみに400ccのオススメバイクはこちらで紹介。

400cc オススメバイクランキング【現行】400ccの人気バイクをランキング形式で紹介。...


今回紹介するのは、すべて現行モデルのバイク。
これを読めば今の人気バイクがわかるはず。それではいってみましょう。

1位 ヤマハ YZF-R25

ヤマハのスーパースポーツタイプです。

2位のニンジャ250を意識しながらも、ヤマハらしいスタイリッシュな見た目に仕上がっています。
走りもYZF-Rシリーズの名に恥じない加速とスピード。
発売当時から若者に大人気で、わずか数年で一気に250ccスーパースポーツの定番の1台となりました。

スーパースポーツタイプを考えていて、スタイリッシュに攻めたい方におすすめです

2位 カワサキ Ninja250

カワサキのスーパースポーツです。
先代のNinja250Rは、スーパースポーツとして登場しながらも、極端すぎない前傾姿勢で長時間乗っていても身体が楽な点と、操作しやすいハンドリング、そして驚異的な低価格で、一気に定番バイクとなりました。
その後2013年にモデルチェンジし、名前もNinja250に変更。人気はいささかも衰えず、現在に至ります。

昔からの大ヒットバイクなのでカスタムパーツも豊富。
見た目や走りに飽きてしまっても、パーツを変える事で新たな一面を見せます。

そして、こちらもYZF-R25と同じく、ネイキッドタイプの派生モデル「Z250」が人気です。

ワイルドなスーパースポーツバイクを希望している方におすすめです。

3位 ホンダ レブル250

ホンダのアメリカン/クルーザータイプです。
ホンダは長い間シャドウというアメリカンタイプを販売していましたが、日本国内では2016年に惜しくも生産終了となってしまいました。

ホンダの中型免許で乗れるラインナップにアメリカンタイプ無く、ワイルドな1台が待ち望まれた中に発売されたのがこのレブル250。

アメリカンバイクとしては軽くシート高も低いため、女性や非力な方でもラクラク運転することができます。

実はこの「レブル」という名前のバイクは、20年以上前にも販売されていました。そのレブルが復活したということもあり、オールドライダーには懐かしい名前かと思います

中型免許で乗れるアメリカンバイクを探している方にイチオシのバイクです。

4位 ヤマハ MT-25

ヤマハのストリートファイタータイプです。
スーパースポーツタイプからカウルを取り払い、より町中に似合うような見た目になったのがストリートファイターバイク。

このMT-25はヤマハのシャープなイメージと合致し、より洗練された見た目となっています。

スーパースポーツから派生したバイクなだけあって、スピードも一級品。町中の移動からロングツーリングまで万能にこなせるでしょう。

ネイキッドの男らしいフィーリングと、都会的にブラッシュアップされたイメージを求めている貴方にピッタリです。

5位 スズキ Vストローム250

スズキのツアラー/アドベンチャータイプのバイクです。

アドベンチャータイプとは、一般道路のみならず、軽い砂利道などのオフロードも走る事ができ、荷物を沢山積んで旅もできるバイクのこと。
ここ最近流行となっています。

Vストローム250は、大排気量のアドベンチャーモデルで人気となったVストローム1000/650の兄弟機種。
Vストローム650の排気量を落とし、中型免許でも乗ることのできるバイクとして、2017年に登場しました。
見た目はアドベンチャーながらもエンジンはGSX250Rと同一のものを使用し、高速道路の運転でも疲労感は少なめ。

バイクキャンプを考えている方、バイクで旅をしたい方にいかがでしょうか。

まとめ

今回は、手頃な価格と操作のしやすさ、そしてある程度の速度・タフさを兼ね備えた250ccのランキングを紹介しました。
昔から250ccはニーハンと呼ばれてバイクの第一歩のような位置付けであったのですが、その地位は現在でも衰えていません。

ここで取り上げたバイクは、とりあえず最初の1台を購入して将来は大排気量への乗り換えを考えている方はもちろん、操作が難しく体力の必要な大型バイクからの乗り換えを検討している方にもおすすめです。

貴方のバイクライフに合う1台がこの中にあればと思います。

バイク 買取
ABOUT ME
Y
BIME MAGAZINE編集者。過去、ヨーロッパメーカーや国内メーカーのバイクを開発。経験に裏付けられた確かな知識を分かりやすく伝える事を心がけている。身体の左側だけ腰痛や肩こりがあるのが悩み。