バイクグッズ

おすすめインカム7選 シチュエーション別に最適なインカムを紹介

ライダーとの会話

マスツー(大人数でツーリングすること)していると考えてくること。

「走っている時でも会話したい‥‥」

バイクでツーリングしていると、話したくなってくる機会は意外と多いものです。

道が分からなくなったけど、走行中だと声が聞こえない‥‥
信号や割り込みなどで、ツーリング相手とはぐれてしまった‥‥
停車していても、ヘルメットで声が遮られてうまく伝わらない‥‥

こんな状況になった方は多いのではないでしょうか。

バイクの欠点はコミュニケーション。
ヘルメットを被りながら、バイクで運転しながらコミュニケーションをとるのは至難の業です。

そんな時に便利なのがバイク用インカムです。

今回は、以下について探っていきます。

シチュエーション別におすすめのインカムを紹介
インカムはあると便利?
インカムを選ぶ基準は?

それでは行ってみましょう。

おすすめのインカムは

数あるインカムの中から、シチュエーション別にBIKE MAGAZINEがおすすめするインカムを紹介していきます。

おすすめのポイントや機能は記事後半で紹介していきます。

様々な方とツーリングする方向け

様々なグループの方々とツーリングする方や、大人数でツーリングする機会がある方におすすめのインカムを紹介します。

B+Com SB6X

ユーザー数No.1のB+Com。
そのB+ComのハイエンドモデルがSB6Xです。

とりあえずインカムで後悔したくない方、色々な人とツーリングする機会がある方に向いているインカムです。

最大通話人数:6人
通話距離:1.4km
操作方法:ボタン
音声操作:×
専用スマホアプリ:○
ユニバーサルインターコム:○
メッシュ通信:×
防水性能:IP67レベル

Sena 20S EVO

Senaのミドルクラスインカムが20S EVO
以前発売されていた20Sのアンテナが小さくなり、コンパクトになりました。

SENA(セナ) 20S EVO インターコム シングルパック 0411188 日本正規品
セナ(Sena)

ダイヤルとボタンで操作するため、直感的でわかりやすくなっています。

最近ユーザー数が急速に増えているSenaのおすすめインカムです。

最大通話人数:8人
通話距離:2km
操作方法:ダイヤル + ボタン
音声操作:○
専用スマホアプリ:○
ユニバーサルインターコム:○
メッシュ通信:×
防水性能:–

音質を重視している方向け

ツーリング中でも音質の良い音楽を聴いていたい方におすすめのインカムを紹介します。

Cardo PACKTALK BOLD JBL

CardoのハイエンドモデルがPACKTALK BOLD JBL

cardo(カルド) PACKTALK BOLD JBL パックトーク ボールド (1台セット) バイク用インカム JBLスピーカー仕様
cardo(カルド)

名前の通り、大手音響メーカーJBLのスピーカーを搭載しています。
音質は全てのインカムでも最高峰と言って良いでしょう。

また、大きなホイールとボタンで、直感的な操作が可能。
グローブをはめていても操作しやすそうです。

最大通話人数:15人
通話距離:1.6km
操作方法:ホイール + ボタン
音声操作:○
専用スマホアプリ:○
ユニバーサルインターコム:○
メッシュ通信:○
防水性能:IP67

モトブログをやりたい方向け

ツーリング動画をアップロードしたりして、モトブログをやりたい方におすすめのインカムを紹介します。

Sena 10C Pro

Sena 10C Proはなんと、インカムとアクションカムが一体化しています。

SENAセナ10C-PRO-01 Bluetoothインカム+カメラ(画質2K)多機能インターコム(専用スマホアプリ対応)正規品
セナ(Sena)

ヘルメットに取り付けるので、視線もライダーとほぼ同じ。
迫力のある映像を撮ることができます。

GoProなどと違って、ヘルメットに特別にマイクを仕込んだりすることなくインカムの音声を同時録音することが可能。

モトブログの新たな選択肢になるSena 10C Proがおすすめです。

最大通話人数:4人
通話距離:1.6km
操作方法:ボタン
音声操作:×
専用スマホアプリ:○
ユニバーサルインターコム:○
メッシュ通信:×
防水性能:–

コストパフォーマンスを重視したい方向け

とりあえず一通りの機能が揃ったインカムがいいけど、値段は安めがいいという方におすすめのインカムを紹介します。

ミッドランド BT MESH

ミッドランドのハイエンドモデルがBT MESH
ハイエンドモデルですが、B+COMやSenaなどと比べると手に入れやすい価格となっています。

ユニバーサルインターコムやメッシュ通信機能など、一通りの機能は揃いながらもコストパフォーマンスに優れたインカムです。

最大通話人数:10人
通話距離:1.4km
操作方法:ボタン
音声操作:○
専用スマホアプリ:×
ユニバーサルインターコム:○
メッシュ通信:○
防水性能:IPX6

デイトナ DT-01

デイトナのコストパフォーマンスを重視したモデルがDT-01

デイトナのインカムの特徴は、価格を抑えながら、ユニバーサルインターコム機能など基本的な機能は全てカバー。

シンプルなインカムを求めている方はデイトナのDT-01が良いでしょう。

最大通話人数:4人
通話距離:1km
操作方法:ボタン
音声操作:×
専用スマホアプリ:×
ユニバーサルインターコム:○
メッシュ通信:×
防水性能:IP67相当

スマホの音声が聞きたい方向け

「一人でツーリングすることが多く、会話機能はいらない。」
「スマホの音声が聞ければいい。」
そんな方におすすめのインカムを紹介します。

LEXIN LX-R6 6riders

LEXINのインカムのLX-R6 6riders
Amazonで非常に高いレビュー評価を受けています。

名前の「6riders」にある通り、最大6人で会話可能です。

最大の特徴は、機能を絞ったことによる低価格。
1万円を切る価格でインカムを購入できます。

LEXIN LX-R6 6ridersは、必要最低限の機能でいい方や、スマホの音声を聞くためにインカムが欲しい方におすすめできます。

最大通話人数:6人
通話距離:1.2km
操作方法:ボタン
音声操作:×
専用スマホアプリ:×
ユニバーサルインターコム:×
メッシュ通信:×
防水性能:(生活防水)

インカムを選ぶ基準

数多く発売されているインカム。
どのようにして選べば良いのか悩む方は多いでしょう。

そのような方のため、インカムを選ぶ時のポイントを見ていきます。

通話性能をみる

一度の通話できる人数や通話可能な最大距離は、インカムによって変わってきます。

多くのライダー

通話人数の目安は

通話人数は、少ないものだと3人程度。
多いものだと、10,000人以上というインカムも。
値段が高いものほど、通話可能な人数も増えていきます。

通話可能な距離は気にしなくてもいいかも

通話距離は、多くのインカムでは500m以上。
これほどあれば、ほとんどの場合では問題ありません。

インカムメーカーを揃える

インカムは、同じメーカー同士のインカムで揃えることで本来の実力を発揮することができます。
いつも同じグループでツーリングする方であれば、グループメンバーでインカムのメーカーを揃える方が良いでしょう。

機能をみる

インカムには通話以外にも色々な機能があります。
どのような機能があるのかを見てみましょう。

Bluetooth機能

最近のほとんどのインカムにはBluetooth機能がついています。
スマホのカーナビアプリと連動して音声案内を聞いたり、音楽を聴きながら走ることもできます。

スマホとの同期機能

一部のインカムは、インカムを操作するスマホアプリが用意されています。
スマホアプリを使うと、簡単にインカムを操作することが可能。

インカムを触らずとも、スマホから簡単にペアリングしたり、音楽を聞いたりすることができます。

他社インカムと通話できる「ユニバーサルインターコム」

一部のインカムには「ユニバーサルインターコム」という機能がついています。
これは、メーカーが違うインカム同士でも通話できるようになる機能。

ユニバーサルインターコムがついているインカムは、メーカーが違うインカム同士でも会話可能です。

色々なグループとツーリングする機会のある方は、このユニバーサルインターコム機能がついているインカムが良いでしょう。

ユニバーサルインターコム機能はメーカーが異なるインカム同士でも通話ができますが、一部の機能が制限されます。
インカムの性能をフルに発揮させたいのであれば、やはりメーカーを揃える方が良いでしょう。

最近話題のメッシュ通信とは

最近発売されたインカムに搭載され始めたメッシュ通信機能

一度インカム同士を登録しておくと、通話前にいちいちペアリングをしなくても通話が可能になる機能です。

メッシュ通信機能が搭載されているインカムだと、ツーリング途中にはぐれて通話接続が途切れてしまっても、合流すると問題なく通話を再開できます。

まだまだメッシュ通信機能が搭載されたインカムの数は少ないですが、ペアリングがいらないという大きなメリットがあります。

操作のしやすさをみる

バイクに乗る時は手袋をしているはず。
手袋をしているとボタンを押しにくくなります。

ボタンが小さかったりするインカムは、バイクに乗りながら操作することはほぼ不可能です。

ボタンが大きかったり、手袋をしていても操作しやすいようなインカムがおすすめです。

音声で操作できるインカムも

一部のインカムは、音声でインカムを操作することが可能。
バイク運転中でも、インカムのボタンを一切触らずに操作することができます。

防水性能をみる

バイクで走っていると避けられないのが急な雨。
高速道路などで通り雨に遭うと、雨具を着込む余裕すらありません。

急な雨にも耐えられるよう、インカムにも防水性能が必要になります。

防水

とは言っても、ほとんどのインカムには雨に耐えられるくらいの防水性能は確保されています。
雨の中ではそれほど走らない方には、そこまで気にする必要はありません。

防水性能を確認するには?

電子機器の防水性能は、「IP規格」で表される場合がほとんど。
一般的には、IP**の数字が大きいほど防水性能が高くなります。

よく聞く「生活防水」は、おおよそIPX3〜IPX4程度と言われています。

有名なインカムメーカーを紹介

日本国内では、主に次のインカムブランドが有名です。

B+Com
Sena
Cardo
MIDLAND
Daytona

この5つのどれかを使う方が大半を占めています。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

B+Com (ビーコム)

B+Comは、日本のサインハウス社が販売しているインカムシリーズ。

日本のメーカーが販売しているだけあって、日本国内では一番ユーザー数が多いインカムです。
みんなが使っている安心のインカムと言えます。

Sena (セナ)

Senaはインカムを専門に販売するメーカー。

ここ最近は急速にユーザー数が増えています。
現在最も勢いのあるインカムメーカーと言っても良いかもしれません。

Senaの特徴は、通話を重視していること。
特にSenaのフラッグシップともいえる30Kでは、最大30,000人と会話が可能です。

SENA(セナ) 30K メッシュインターコム バイク用インカム Bluetooth 30K-01D デュアルパック [並行輸入品]
セナ

大人数でツーリングしたり、会話性能を重視する方なら、Senaが向いています。

Cardo (カルド)

Cardoはアメリカのインカムメーカー。
カルドと読みます。

最近日本へ上陸し、ユーザー数が増えてきています。

cardo(カルド) PACKTALK BOLD JBL パックトーク ボールド (1台セット) バイク用インカム JBLスピーカー仕様
cardo(カルド)

Cardoは音質を重視しています。
最近の機種では、大手音響機器メーカーのJBLと提携して開発したスピーカーを搭載しています。

音楽が好き、ハイエンドオーディオ好きの方にはCardoがおすすめです。

MIDLAND (ミッドランド)

ミッドランドはイタリアのインカムメーカー。
ミッドランドも最近日本で取り扱いが始まりました。

ミッドランドのインカムの特徴は、様々な機能を押さえながらも値段があまり高くないところ。
コストパフォーマンスを重視する方ならミッドランドのインカムです。

Daytona (デイトナ)

バイク用バッグやライディングギア、カスタム用パーツなど幅広くバイク用品を販売しているデイトナ。
一度はデイトナの製品を見たりした方も多いのではないでしょうか。

デイトナもインカムを販売しています。

デイトナのインカムは、機能を絞った手ごろな値段のものが多め。
余計な機能は不要!という方におすすめできるインカムです。

まとめ インカムはソロライドにも便利

ツーリング中の会話に便利なインカム。
もはや必需品と言っても過言では無いでしょう。

様々なインカムを紹介しましたが、有名メーカーのインカムはそれほど機能に差はありません。
となると、大事になってくるのはインカムメーカーを揃えること

グループ内でインカムメーカーを揃えて、インカムの性能をフルに発揮してやることが重要です。

今回紹介したインカムは以下の通りです。

SENA(セナ) 30K メッシュインターコム バイク用インカム Bluetooth 30K-01D デュアルパック [並行輸入品]
セナ

SENA(セナ) 20S EVO インターコム シングルパック 0411188 日本正規品
セナ(Sena)

SENAセナ10C-PRO-01 Bluetoothインカム+カメラ(画質2K)多機能インターコム(専用スマホアプリ対応)正規品
セナ(Sena)

cardo(カルド) PACKTALK BOLD JBL パックトーク ボールド (1台セット) バイク用インカム JBLスピーカー仕様

ABOUT ME
Y
BIME MAGAZINE編集者。過去、ヨーロッパメーカーや国内メーカーのバイクを開発。経験に裏付けられた確かな知識を分かりやすく伝える事を心がけている。身体の左側だけ腰痛や肩こりがあるのが悩み。